世界でゴルフはどのくらい人気?

ゴルフの起源はスコットランドオランダ中国で誕生したと様々な諸説がありますが、ゴルフが初めて文献に登場するのは1457年にスコットランドのジェームズ2世が発行したゴルフ禁止令です。今日ではヨーロッパはもちろん、北米、南米、中東、アジアでトーナメントが実施されるほど、世界中で愛されるスポーツとなっています。オンラインゴルフの人気に伴い、オンラインで気軽にゴルフを含めたスポーツベッティングも楽しめるようになりました。もちろん、オンラインカジノが合法である場合に限りますが、ゴルフベッティングの可能性はまだまだ無限大です。ここでは、ゴルフの世界での人気についてご紹介します。

年間26か国、45の大会が開催されるヨーロピアンツアー

2つの主要ゴルフ起源国を含むヨーロッパでは、ゴルフは見て&プレーして楽しむスポーツとして浸透しています。特に男子ヨーロッパゴルファーのプロゴルフ協会が主催するヨーロピアンツアーは、発足した1972年から現在にかけて、毎年11月から翌年11月まで各地を転々としながら競い合うトーナメントツアーとして有名です。最多優勝者はスペイン出身バレステロス選手、その他イギリス各地(イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランド)出身の選手たち、北はスウェーデンから南は南アフリカ出身の選手が優勝経験があります。ジェントルマンスポーツの地位を継承しているのも、ヨーロッパゴルフの特徴と言えるでしょう。

アメリカの最も盛り上がるスポーツイベントのひとつPGAツアー

ゴルフ大国のアメリカでは、1916年に誕生しその賞金額の高さから毎年賞金王が話題となるPGAツアーがあります。もともとは全米ゴルフプロゴルフ協会の一部でしたが、ツアー運営のために1975年にPGAツアーと改名し独立しました。シニア向けのチャンピオンズツアーも運営しているPGAツアーは、10月にスタートして9月にファイナルを迎える周期を採用しています。最多優勝者であるタイガー・ウッズ選手は、1997年から2013年まで10年間優勝者として記録を残しています。アメリカ全土が注目するこのツアーは、ゴルフ・チャンネルやFOXNBCがそれぞれ放送権を所有しているツアーを放送しているのに対し、日本はNHK BS1とゴルフネットワークがほとんどの試合を放送しています。スポーツ選手でも一攫千金が狙えるというアメリカンドリームを見させてくれるのが、PGAツアーの醍醐味ですよね。

プレーと滞在そのものが楽しめる大注目のアジアでゴルフ

アメリカやヨーロッパツアーの一部がアジアで開催されることもありますが、2020には東京オリンピックが開催されることもあり、2016年からオリンピック競技に加わったゴルフの人気はアジアではうなぎ登りとなっています。特にアメリカでの成功を夢見るアジア人の両親が、子供にゴルフを習わせるお稽古ゴルフも有名ですよね。その影響で他の地域より多くのゴルフ養成所が設置されているアジアですが、アジア特有のホスピタリティと暖かい気候を活かした東南アジアでのリゾートゴルフも通の間では大人気です。日本からのアクセスの良さ、比較的低い価格設定、現地の美味しい料理など、プロアマ問わず体験してみたい内容が満載です。お勧めは、タイのホアヒン、マレーシアのコタキナバル、インドネシアのバリ島&ジャワ島でのプレー&滞在です。

Posted in <a href="https://www.mitsubishirayongolf.com/category/%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e3%81%ae%e4%ba%8b%e5%ae%9f/" rel="category tag">ゴルフの事実</a>