ゴルフ界を変えたテクノロジー

近年テクノロジーの発展は著しく、私たちの生活の至る所に変化を与えています。それはスポーツに対しても同じことが言うことができ、テクノロジーの発展と共にスポーツの楽しみ方が変化してきました。

今回はテクノロジーによってゴルフがどのように変わってきているのかを紹介します。

テクノロジーを使用したゴルフレッスン

ゴルファーにおいて非常に重要なのが、レッスンを受けることです。一般的な模範に従うのではなく、ゴルフにおいては個人個人の身体に合ったベストなスイングを見出すことが非常に重要です。

そして、そのスイングを導き出してくれるのが、ブリヂストンゴルフガーデンTOKYOの「TOUR B Personal Method」です。このツールではセンサーを使用してスイングを解析し、データを割り出してくれます。そして、個人の身体のポテンシャルや稼働域、柔軟性、筋力などを踏まえ、最適なスイングを提案してくれるのです。これにより2時間ほどで、自分にあったスイングを知ることができ、欠点を改善することができるのです。

トップトレーサー・レンジ

トップトレーサー・レンジは、ゴルフの練習場の概念を大きく変えたテクノロジーです。トップトレーサー・レンジとは、練習場に設置された対話型のゲーム画面で、ショットのリプレイ映像や統計データのフィードバックを得ることができます。そして、スイングがどのようにショットに影響するのかを教えてくれます。

また、トップトレーサー・レンジには複数のゲームやモードが用意されており、グループでロングドライブを楽しんだり、ニアピンでピン寄せを競ったりすることができます。さらに、練習場に居ながらにして、世界の有名コースでプレイしている感覚を得ることができます。

このトップトレーサー・レンジによって、練習場においても本格的なプレイが楽しめるようになります。

現在トップトレーサー・レンジは、横浜旭ファミリーゴルフ、スイング碑文谷などで導入されています。

ProPILOT GOLF BALL

ProPILOT GOLF BALLとは自動車メーカーの日産が開発したゴルフです。これは手放し運転を可能にする技術「ProPILOT」をゴルフボールに応用したもので、軽く打ったボールが勝手ににゴロゴロと移動して、カップを目指します。このボールはスマートフォンで操作することができ、18番すべてでホールインワンが狙えるようになります。

少しインチキのようなテクノロジーですが、子供が遊びでゴルフをプレイする時などに利用すると楽しいでしょう。

VRゲーム

VR、バーチャルリアリティーを利用したゴルフゲームも近年多数リリースされています。バーチャルリアリティー専用の機器を頭に装着すると目の前にゴルフ場が広がり、あたかもそこにいるような感覚で、ゴルフをプレイすることができます。現在ではプレイステーション4からバーチャルリアリティーを利用したゴルフゲームがリリースされており、コントロールを手にもってスイングをします。

このテクノロジーを利用すると自宅に居ながらにして本格的な雰囲気の中でゴルフをプレイすることができます。また、バーチャルリアリティーであれば世界各国のゴルフコースでプレイすることができるのもメリットとなります。

ゲームで本格的にゴルフがプレイできれば、ゴルフ用品を購入せずに済むので、子供も気軽に楽しむことができますよ。

Posted in <a href="https://www.mitsubishirayongolf.com/category/%e9%81%93%e5%85%b7/" rel="category tag">道具</a>