ゴルフのベッティング方法

オンラインカジノの普及とともに、世界中どこにいても利用するオンラインカジノが滞在している地域で合法であれば、いつでも自由にスポーツベッティングが可能となりました。ゴルフも例外ではありません。2018年には米連邦最高裁判所アメリカ全州でのスポーツ賭博を解禁し、翌2019年には欧州ツアーがスポーツベッティングのコンテンツ提供業者大手IMG Arenaデータ配信に関する提携を結びました。この契約により、2020年からリアルタイムで全選手の全ショットが収集できるようになり、そのベッティング方法も拡大する見込みです。ここでは、これらの時代背景を踏まえ、ゴルフのベッティング方法についてご紹介します。

世界中で開催される大会でのベッティングが可能

各オンラインスポーツベッティングサイトが提供しているゴルフベッティングは主に、ゴルフのメジャー大会であるグランドスラム(毎年4月のマスターズトーナメント、6月の全米オープン、7月のオープンチャンピオンシップ、8月のPGAチャンピオンシップ)で行われています。その他PGA(米国男子)、LPGA(米国女子)、JGTO(日本男子)、JLPGA(日本女子)、European(欧州男子)、Champions(米国シニア)などの大会でも高オッズを出すサイトがあります。各トーナメントの開始時に、勝率を基にした各選手のオッズが掲示されるので、トーナメントに勝つと思う該当選手を選びます。これは一番メジャーなベッティングで、ブックメーカーによってTo Win Outright」「 Tournament Winnerと呼ばれています。トーナメントの当日にベッティングすることも可能で、リーダーボードの位置は関係なく、どの選手がその日の最低打数を出すかを予想するベッドもあります。

主要3種類のオッズ表記

オッズの表記方法は国ごとによって異なります。世界で最もポピュラー&日本でもお馴染みデシマルオッズは、表記されるデシマルオッズに掛け金を掛け算するだけの、とても分かりやすいベッティング方法です。多くのブックメーカーサイトでは、オッズの表記を選択できるので、分かりにくい表示形式であればデシマルオッズに変更することをお勧めします。イギリスのブックメーカー「ウィリアムヒル」などが採用しているフラクショナルオッズは、もともとの掛け金が含まれていないので二重計算しないように注意しましょう。アメリカで使われているアメリカンオッズは、基準となる100という数字に対していくらの賞金が得ることができるのかを+または-記号を用いて表記しています。いずれの表記にも慣れておくと、直前で計算ミスをすることがなくなるでしょう。

オリジナルルールを守って安心してベッティングを

雨天や悪天候などで試合が成立しない(優勝者が決定しない)場合は、ベッティングも不成立として掛け金を返金するブックメーカーもあります。選手のプレー中の怪我や病気、出場辞退、失格などが発生した場合のベッティングの扱いについては、利用しているブックメーカーのサイトで事前に確認しておきましょう。リアルタイムのライブベッティングでは、中継が途切れないようにインターネット接続を確保しておくなど、当たり前ですがベッティング環境にも配慮しておきましょう。ゴルフニュースも日ごろからフォローし、選手の体調やコメントなどをチェックしておくのもお勧めです。また、ゴルフは天候に左右されるスポーツであることから、グリーンの摩擦やトーナメントの長さ、ピンの各ラウンドでの状態、可能な限り最新の情報を入手しておくことが、正確なベッティングに繋がります。運も能力のひとつであることもお忘れなく!

Posted in <a href="https://www.mitsubishirayongolf.com/category/%e3%83%8f%e3%82%a6%e3%83%84%e3%83%bc/" rel="category tag">ハウツー</a>