ゴルフeスポーツゲーム

「eスポーツ」をご存知ですか?エレクトロニックスポーツの略で、電子機器を使って複数人でプレーするゲームの総称です。全世界でのeスポーツ競技人口は約1億人以上と言われており、なかでもアメリカではスポーツとして認められており、プロゲーマーもプロ選手として活躍しています。残念ながら日本はeスポーツ後進国となっていますが、少しずつ認知され始めてきています。日本チームも活躍しているドローンレースは、企業や著名人がスポンサーになっていることでも話題ですよね。ここでは、ゴルフ界におけるeスポーツの現状と可能性をご紹介します。

アメリカにおけるゴルフeスポーツゲーム

全米ゴルフ協会(USGA)ゴルフゲーム・ワールドゴルフツアー(WGT)を使用してバーチャル全米アマチュア選手権を開催しています。興味深いのは、そのゲームの舞台が実際に存在するぺブルビーチ・ゴルフリンクス(全米アマチュア選手権開催場所)だったことです。予選は世界中から参加でき、上位32名がマッチプレー、勝ち残った2名がアトランタにあるトップゴルフという練習施設で観客を動員して決勝戦を行うという、非常にエンターテイメント性のあるイベントとなりました。既に10年の歴史があるこのイベントは、バーチャル全米オープンにも影響を与え、既に470万人が参加しています。IT先進国として、ますます多くのゴルフプレーヤーをオンラインゴルフに送り込んでいます。

20年以上に渡って愛され続けている日本のゴルフゲーム

日本は世界に誇るゲーム大国ですが、ゴルフゲームとして有名なのは、任天堂とソニー・インタラクティブエンターテイメントのプレイステーションが提供している「みんなのGOLF」です。みんゴルとして親しまれているこのゲームは、1997年に最初のタイトルが発売され、オンライン版などを含めると14作品が出ています。主要マーケットは日本ですが、世界15か国語に翻訳されており、世界シリーズ累計で現在まで1400万本以上が販売されています!ポータブル版や携帯アプリ版もあり、いつでもどこでも気軽にゴルフを楽しめるように継続して開発されています。コースもタイトルごとに進化しており、本気でプレーしたい人向けにも難易度の高いコースが選択できるようになっているのが嬉しいですよね。

自宅でバーチャルゴルフ体験はいかがですか?

2019年6月に発売された「みんなのGOLF VR」は、プレイステーションVR専用の今までにない新しいゴルフゲームです。自宅にいながら360度のラウンドビューを楽しめる次世代eスポーツでは、従来の三人称視点ではなく、あなただけの一人称視点で楽しめます。風向きや起伏を確認できる機能は、まるでゴルフ場にいるような臨場感を味わえます。コントローラーを直接スイングする方式を採用しているため、スイングした時の速度や角度がダイレクトにプレーに表れます。別売りのプレイステーションムーブ・モーションコントローラーにも対応しているので、実際のゴルフクラブのように両手でスイングすることも可能です。バーチャルキャディと種類豊富なコースを回るだけで、ゴルフ場でのプレーが楽しめるという画期的なゲームです。

Posted in <a href="http://www.mitsubishirayongolf.com/category/%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%a0/" rel="category tag">ゴルフゲーム</a>